仮想通貨によって発生した利益には現状では雑所得とみなされ、高い税金がかかるので注意が必要です。

MENU

仮想通貨と税金

 

仮想通貨に発生する税金とは?

 

仮想通貨の普及は世界規模で広がっており、昔と比べてかなり身近な存在となりました。
ネットショッピングなどで使用するのに始まり、今では様々な仮想通貨が利用されています。
日々の生活を充実させるために活用されている仮想通貨ですが、実は別の用途があるのをご存知でしょうか?

 

その別の用途とは、日常の中の買い物に使うのではなく、投資に活用することです。

 

今までの投資と言えば、株式投資FXが一般的でした。
しかし、現在はそこに仮想通貨が含まれるようになったのです。
仮想通貨を購入し、価値が高騰したタイミングで売却する、まさに株式やFXと同じ利用方法が用いられています。

 

こうした仮想通貨の投資を行う人が増えており、中には人生の一発逆転を狙って高額投資するケースも見受けられます。
少額で小遣い稼ぎをしている人もいるので、仮想通貨の注目度は極めて高いと言えるでしょう。

 

この仮想通貨の取り扱いですが、注意しておきたい要素があります。
それが仮想通貨の利益が確定した際に発生する「税金」についてです。

 

仮想通貨の利益のすべてが自分の懐に入る訳では無く、そこには「税金」が発生してしまうのです。

意外な盲点となる仮想通貨と税金の関係性についてまとめてみたいと思います。

 

仮想通貨の利益に税金が発生する

 

仮想通貨の確定申告

 

日本国民であれば年間の収入を国へ報告して、それに伴う税金を支払う義務があります。
仮想通貨も例に漏れず、利益を出した際はその金額に応じて税金を支払わなければならないのです。

 

まず、仮想通貨の利益は2017年より雑所得に分類されています。
この雑所得は株式投資やFXなどの利益も含んでおり、他にもアフィリエイトや生命保険などの定期年金も含まれるのです。

この総額が20万円を超えると税金の支払いが発生します。

 

雑所得が195万以下なら税率は5%となります。
例えば、100万の利益なら5万円を税金で支払うことになるのです。
これが500万の雑所得になると、税率は20%となり控除金額が42万7500円になり、57万2500円の税金支払いが必要です。

 

このように雑所得が増えれば触れるほど税率が上がって行くのです。
毎年のように安定した所得があれば良いですが、一過性の所得だと莫大な税金支払いで右往左往することになってしまいます。

 

仮想通貨の投資で利益を出そうとしているのなら、こうした税金対策も視野に入れておくと良いでしょう。
株式投資やFXを経験している人なら税金対策も行えるでしょうが、仮想通貨から投資に足を踏み入れた人は要注意です。

 

様々な節税方法が大切

 

仮想通貨の投資に節税が必要な理由

 

仮想通貨の投資により莫大な利益を得ようと考えているなら、節税対策は必須と言えるでしょう。
例えばですが、税金対策をせずに1億円の利益を得たとします。
その際は、1憶円に対して45%の所得税が発生してしまうのです。
控除額はたったの約480万のため、1億の利益の中から約4000万の利益を支払うことになります。

 

節税方法にはいろいろなものがありますが、簡単なのは個人事業主となって経費精算を行うことです。
これにより雑所得の金額を下げて行くことが出来るので、税率を下げられるのです。

 

他にも、利確をするタイミングを年をまたいで行うのも有効でしょう。
利確とは利益を確定させることで、例えば仮想通貨の利益が1000万ある際に、今年に500万、来年に500万の利益を発生させるのです。
この対応を行うと年間の雑所得は500万になるので税率はかなり下がるでしょう。

 

仮想通貨は市場の動向が激しく、損をすることも多いです。
そうした状況で利益を出したならば、出来る限り手元に残るようにしたいものです。
税金の仕組みや関係性を理解して節税対策をすれば、利益は大きく増えるでしょう。
難しいものだと距離を取らずに、積極的に節税について学んでみてください。