マイナス収支なのに税金が発生しないようにするのが繰越控除です。

MENU

繰越控除

 

仮想通貨が暴落していく図

 

仮想通貨を保有しているなら損失が出ることも覚悟しておかなければなりません。
株式投資やFXでも同様ですが、価値が変動するので絶対に利益が出るとは限らないのです。
価格が暴落するナイアガラの滝が出現するのは、決して他人事では無いでしょう。

 

仮想通貨の運用期間が長くなれば、それだけ損失が出る確率も増えます。
そうした際に損失を嘆くだけでなく繰越控除の対応が行えるかが大切です。
損失の繰越控除を知っていれば仮想通貨の運用リスクは下がるのです。

 

換金で税金が発生

 

繰越控除とは

仮想通貨による年内の利益と損失を合計した際に、マイナスになることがあるでしょう。

 

例えば、とある仮想通貨ではプラス100万ですが、別の仮想通貨の方ではマイナス300万になっている場合です。
このケースではトータルでマイナス200万という手痛い支出として扱われます。
しかし、繰越控除を行わないと100万の利益に対して税金を支払う義務が発生するのです。

 

収支がトータルでマイナスなのに税金を支払う、これは仮想通貨の保持者にとって泣きっ面に蜂でしょう。

 

こうした状況下で税金による追い打ちが発生しないようにするのが繰越控除です。
繰越控除は確定申告を行うことで適用され、これを行うと収支がマイナスなら所得が無いと判断されるのです。

 

所得が無ければ税金の支払いは免除されますし、繰越控除の魅力は翌年にマイナスを引き継げる部分です。
マイナス200万の控除が翌年に引き継がれ、それがすべて所得から差し引かれるのです。
つまり、翌年に500万の利益を出した場合、前年のマイナス200万の控除が差し引かれて、所得が300万という形になります。

 

これにより本来なら500万に対して発生する税金が、300万に対して発生するようになるのです。

 

繰越控除は最長3年まで

損失が出てしまった時にフォローしてくれる繰越控除は仮想通貨保持者にとって頼もしい制度です。
しかし、そんな繰越控除も無制限にいつまでも利用できる訳ではありません。
繰越控除の期間は最長で3年までと決まっています。
極端な話ですが、3年連続で損失を出していたら、3年前の損失は控除から除外されて行くのです。

 

ちなみに、翌年に仮想通貨の取引を行っていなくても繰越控除を有効にするなら確定申告が必須です。

繰越控除の仕組みをしっかりと理解して上手に活用してみましょう。