新しい仮想通貨が公開され、価格が安いうちに購入しないかという勧誘が多いです。

MENU

危険なケース

 

仮想通貨で詐欺を企む男

 

仮想通貨が注目を浴びるようになっている現代ですが、興味本位で手を出すのは危険です。
中には非常に危険な詐欺が隠れている恐れがあるためです。

 

仮想通貨の投資で最も効果的なのは、価格が安い時に大量に買い、価値が高騰した際に売ることです。
その時の価格差が利益となるのですから、この方法を行うこと自体は何も問題がありません。
しかし、世間にはその甘い欲望を狙って詐欺を仕掛けて来るケースがあるのです。
ここでは仮想通貨の詐欺に関わる手口についてまとめたいと思います。

 

新しい仮想通貨の勧誘

良くあるのが新しい仮想通貨が公開されたので、価格が安い今の内に購入しないかという勧誘です。
この時、仮想通貨の価格は1円程度になっており激安なのがポイントです。
ネット上で報告されている中には0.02円という極めて低価格な仮想通貨も確認されています。

 

こうした勧誘を受けた際に、人はこの低価格よりさらに下がることは無いだろう、と考えてしまうのです。
勧誘している人も詐欺が目的なので非常に甘い言葉をささやいて来ます。
ここからは資金によりますが、100万投資しておけば年内には10倍の1000万になる可能性があると言われます。

 

ですが、上記のケースで仮想通貨を購入しても希望はありません。
なぜなら仮想通貨の価値が上昇せず、むしろさらに低い価値へ下がって行くからです。

仮想通貨は多くの人が価値を見出さないと意味が無いものです。

詐欺目的で利用される仮想通貨は認知が上がらず、結果的に価値も上がらないでしょう。
悪質な場合は仮想通貨の価値を詐欺側が勝手に引き下げている恐れすらあります。

 

必ず儲かる仮想通貨は無い

詐欺の常套句になっていますが、必ず儲かる保証は絶対にありません。
仮想通貨は生き物であり価格は常に変動して行きます。
今なら必ず儲かるという甘い誘いは断ち切るように行動しなければ痛い目を見るでしょう。

 

もちろん、中には先見の明を持っておりメリットのある情報を教えてくれる人はいます。
しかし、それは見ず知らずの他人では無く信頼関係のある知人や友人に限られます。
赤の他人に儲かる情報を配り歩くような人は詐欺だと考えて間違いありません。

 

ICO詐欺と呼ばれるものもあり、これは新しい仮想通貨を開発する資金を投資しないかと誘われるものです。
投資詐欺に近いものなので内容はしっかりと見極めなければなりません。
仮想通貨の使い道も考えずに安易に投資として手を出すのは危険です。

 

しかしICOで実現している仮想通貨もあるので、一概に詐欺とは言えないのが難しいところです。

仮想通貨保持者の人はこうしたリスクが身近にあることを理解しつつ運用してみましょう。