暴落しても良い状況を作ったら、仮想通貨を長期保有して寝かせておくのが良いです。

MENU

長期保有する場合

 

仮想通貨を長期保有する手

 

仮想通貨を安く買って高騰するまで長期保有するのは王道の運用方法です。
株式投資でもFXでもこの長期保有の戦略は利用されている一般的なものでしょう。
ですが、この長期保有は諸刃の剣で大きなリスクも抱えています。

 

長期保有すれば確実に利益が出るとは言えず、むしろ損失を出してしまう恐れがあるからです。
未来がどうなるかは誰にも分かりませんので、長期保有は一種の博打なのです。

 

では、長期保有する場合はどのような点に注意するべきなのでしょうか?
仮想通貨を長期保有する際のリスク回避について紹介したいと思います。

 

失っても後悔しないようにする

長期保有するには少なからずリスクがあり、安全だけをキープすることは難しいでしょう。
仮想通貨のレート変動に一喜一憂する日々は精神的にも良くありません。

 

そこで考えておきたいのが、仮想通貨を失っても後悔しないような状況作りです。
仮想通貨の価値が下がれば購入時の金額から大幅にマイナスされるでしょう。
しかし、それでも問題無いと考えられる状況にしておくのです。

 

例えば、無料で入手した仮想通貨だけで運用を行う、これなら失ってもリスクはありません。
他にも仮想通貨の一部を売却して、投資している金額を既に回収している状態にするのも有効です。
100万で仮想通貨を買い、半分を売却して100万に出来たなら、残りの半分は長期保有していても問題無いでしょう。

 

変動が激しい仮想通貨では何が起こるか分かりません。
システム的なエラーによりそのまま消滅する確率もゼロでは無いのが恐ろしいところです。
失っても後悔しない状況作りを行うのが大切でしょう。
また長期保有を行う場合、金額によって個人と法人のどちらで運用を行うかでメリット・デメリットが存在します。

 

長期保有は宝くじ気分で

仮想通貨を長期保有する場合は価格が暴落しても良いような状況作りを行いましょう。
一部を売却して投資した金額を回収しておく、あるいは暴落しても後悔しない心構えを持つのが大切です。

 

上記のような状況を作ったら、後は仮想通貨を長期保有して寝かせておくのが良いです。

 

仮想通貨が高騰したならば売るタイミングを伺うのも良いですし、さらなる高騰を狙って年単位で待つのもありです。過去には2年で1000倍以上になったケースもあるので、仮想通貨の利食いには大きな夢があるでしょう。
利益が欲しい、そうした欲求を持つのは原動力になりますが、宝くじ気分で待つのがおすすめです。

 

一喜一憂する日々から解放されて、ある日ふと思い出した時に見てみるぐらいがちょうど良いでしょう。

日々の生活、人生を考慮した上で長期保有のプランを考えてみてください。