雑所得は他の所得に比べて税率が高いので負担が大きくなります。

MENU
 

仮想通貨で利益を出すと税金の支払いが必要となります。
この事実を把握しないまま過ごしているとある日突然、脱税の容疑を掛けられてしまうでしょう。
仮想通貨の保有者は仕組みをしっかりと理解した上で運用するようにしてください。

 

2017年にビットコインなどの仮想通貨で得た利益が、雑所得に分類されると国税庁が発表しています。
雑所得の概要を知り、仕組みを知っておくことが仮想通貨の運用の要だとも言えます。

ここでは雑所得について簡単な概要をまとめたいと思います。

 

雑所得とは

 

雑所得を計算する電卓

 

日本国民の大多数は仕事をして給料をもらう、つまり所得を得ています。
この所得には給与所得、事業所得、不動産所得、退職所得など様々なものがあります。
こうした様々な所得に分類されない所得、それが雑所得となるのです。
非常に簡単な言い方をすれば、大きなカテゴリーに分類されない収入から税金を取るための仕組みなのです。

 

雑所得には年金や生命保険の定期年金アフィリエイトの収入株式投資FXなどが該当します。
該当するものの利益をすべて合計したのが雑所得の金額となるのです。

 

例えば、アフィリエイトで100万、株式投資で100万、仮想通貨で100万の収入があれば、雑所得は300万となります。

 

合計の雑所得が20万を超えると税金の支払いが義務化されるので覚えておきましょう。

その際は確定申告によって収入を記載し、それを提出しなければなりません。
ちなみに、雑所得の合計が20万以下の場合は確定申告する必要はないのです。

 

雑所得の税率について

雑所得は最も税率が重たい不親切なカテゴリーだと言われています。
事実、他の所得に比べて税率が高くなっており負担が大きいのです。

 

まず、雑所得の合計が195万以下なら税率は5%となります。
これが330万以下になると10%、695万以下なら20%、900万以下なら23%と増加して行くのです。
1800万以下だと33%、4000万以下なら40%、4000万を超えると税率は45%と極めて高い数字になるのです。
4000万以上の利益を出している時点でかなりの所得となりますが、その内の45%が税金で奪われるのは腑に落ちないでしょう。

 

仮想通貨の保有者であれば、雑所得の税率をしっかりと把握しておくべきです。
時には仮想通貨で利益を出すよりも、節税対策をきっちりと行う方が最終的な利益を高く出来るのです。
損をしないためにも雑所得の税率について理解を深めておくと良いです。