仮想通貨は国によってレートが異ならないので、簡単に海外へ送金が出来ます。

MENU
 

購入時から仮想通貨の価格が上昇し、その後に売却すれば利益が発生します。
仮想通貨で利食いを狙う人は大勢いるでしょう。
将来の資金作りのため、純粋な趣味の範囲で、目的は人それぞれですが多数の人が利用しているものです。

そんな仮想通貨ですがどのような使い道があるかご存知でしょうか?

 

利益狙いの人は使い道をまったく考えていないことがあります。
仮想通貨の価格変動に注目するのではなく、時には使い道について視野を広げてみるのも良いでしょう。

 

仮想通貨の使い道

日本では既に大手の家電量販店が仮想通貨の決済を取り入れ始めています。
まだ一部の仮想通貨のみですが、最近ではビットコインの導入が進んでいます。

 

ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、メガネスーパーなどはビットコインによる決済を導入しているのです。
イーサリアムという仮想通貨を導入する店舗も増えており、今後仮想通貨の決済は一般的になって行くかもしれません。

 

海外的に見れば飲食店などでもビットコインが利用出来ますし、ネットショッピングも可能となっています。
本来の仮想通貨として様々な買い物をする使い道があるので覚えておきましょう。

お店によっては割引や特典が付与されるので気にかけてみるのも楽しいものです。

 

送金や投資に利用する

 

豚の貯金箱とお金

 

仮想通貨のメリットとして、世界共通で使えるお金というのがあります。
国によってレートが違わないので、海外への送金も簡単に行えるのです。
この個人間の直接送金できる仕組みが仮想通貨の魅力的な要素になります。

 

送金のスピードも早いので目の前に居る相手に直接現金を手渡しているような感覚が生まれます。
各国の銀行に比べて手数料も安く設定されている場合が多いので負担が少なくなるでしょう。

 

海外への送金が早いのもメリットで、例えば災害支援を行うことが想定されます。
災害で支援を求めている相手に現金を送るには寄付が必要です。
少し前は現金が海外へ行くまでに時間が掛かり、しかも本当に届いているのかが不明瞭でした。
しかし、仮想通貨であれば簡単に素早く寄付を実現させられるでしょう。

 

仮想通貨を使うと今まで不便だったものが簡単に行えるようになります。

まだまだ仮想通貨の可能性は広がり始めたばかりなので、今後新しい使い道が出て来るでしょう。

投資して利食いするだけでなく、どのような利用方法があるかにも目を向けてみてください。