仮想通貨は仮想通貨取引所で売却して日本円に換金することが出来ます。

MENU

換金で税金が発生

ビットコインなどが有名な仮想通貨ですが、その種類は非常に多いです。
聞いたことが無い名前からちょっと有名なものまで実に様々です。

 

仮想通貨でネットショッピングをすることも可能ですが、日本円に換金する方法も存在しています。
しかし、この換金行為も雑所得と見なされてしまうため税金が発生するのです。
ここでは仮想通貨を換金する方法やそれに伴う税金について触れたいと思います。

 

仮想通貨を換金する方法

いくつか方法がありますが、簡単に行える方法としてはビットフライヤーなどの取引所が手っ取り早いです。
アプリを利用して簡単に売却が行えるので日本円への換金も容易です。
利用する取引所によって手数料や仕様が異なるので、自分の使いやすいものを見つけると良いでしょう。

 

基本的にはビットコイン等の仮想通貨を日本円に換金するだけなので、難しい操作や知識は不要です。
誰でも利用できるので積極的に利用するのが良いでしょう。

 

また売る時の注意点としては買い注文の数量がどうなっているかです。
希望の金額を提示している人がどれだけいるか、それを見極めるのも換金時には大事です。

 

換金した際の税金

 

仮想通貨の利益を確定したときに行く必要のある税務署

 

仮想通貨をネットショッピングなどで使わずに、日本円に換金する方法があります。
現金が銀行口座に振り込まれた時に利益は確定するのです。
この利益は法律的に雑所得として分類されるため、確定申告が必要になります。

 

換金した際の税金は雑所得の税率で計算されるので、詳しくは雑所得の項目を見てみましょう。

 

ここで重要になるのが、仮想通貨を換金した場合にも税金が発生するということです。
仮想通貨を換金するのは利益を出すことと相違ありません。
つまり、申告をしなければ脱税となり重い処分を受けてしまうのです。

 

無申告の場合、脱税の扱いとなり延滞金が発生します。
通常の税金支払いに加えて、数%から十数%の延滞金が追加されるので相当な痛手になるでしょう。
バレないと考えて高をくくっていると、数年後に指摘された慌てることにもなります。

 

脱税の指摘は直後に来るのではなく、調査されたタイミングで行われることが多いです。

そのため、仮想通貨の換金を行ったなら利益に応じて雑所得の確定申告を行いましょう。

節税対策としては、損益通算が有名ですが、もし確定申告のやり方が分からない場合は税理士に相談するのも一つの手です。